かわいさ際立つふんわりチーク

美容雑誌のトレンドでは、毎年流行のカラーをはっきりとした発色で入れることがおしゃではありますが、女性らしさ、可愛らしさを際立たせるなら、ふんわりチークが何よりも効果的です。特に男性目線を意識した場合、男性は色よりも質感を優先する傾向があるようです。例えばグロスや、目頭のハイライトなど、色よりも質感が際立つメイクの方が効果的ですよね。チークも同様に、頬の柔らかさを際立たせるふわっとチークが可愛らしさを引き立てるのにおすすめです。
方法は筆に取る粉の量と、乗せる位置が肝心です。まず量ですが、大体3回ほど粉に筆を滑らせた後、手の甲で筆を滑らせ筆の内部まで均一に粉を含ませましょう。筆から色が落ちてしまったかと思う程度で丁度良いです。載せる位置は笑った時に一番高い場所です。そこから耳の方に向かって指2本分ほど、真横に楕円形に伸ばします。耳の手前から指2、3本分の箇所には色を載せず、頬を中心とする範囲です。ここで注意したいのは、斜め上に色を載せると、せっかくの可愛らしい雰囲気が強い雰囲気に変わってしまうので、あくまで真横に伸ばすようにしましょう。この途中では決して色を足してはいけません。鏡で物足りないくらいで辞めるのがポイントです。ちなみに小鼻に向けて伸ばすと、より甘い雰囲気になります。色は少しベージュかアイボリーが入ったような、淡い色合いがおすすめです。特にファンデーションの色を参考に、イエローベースの方ならピーチ系のピンク、ブルーベースの方ならローズ系のピンクを選びましょう。手のひらの色に一番近い色を選ぶと、自分自身の血色に最も近い色となり、ふんわりチークにぴったりの色が分かります。

Comments are closed.