眉毛はナチュラルに太めで優しく

顔の印象の中で眉毛は最も重要な部分です。眉毛の形によってその人自身の第一印象を決定づけると言えます。平安時代では、眉を剃り落とし額にそれと変わるものを薄く大きく化粧していたのは、女性が優しく従順である印象を優先させるために本来の性格や業が読み取られないためと言われています。現代においても、眉毛のメークアップは時代と共に流行があります。細い三日月型が好まれる時と太めで丸みを帯びた形が主流になることがあります。それらを総合して見た時に印象が良く、一目で優しさを感じる形は自然な感じを壊さずに太めに流線形に描くのが良いです。形は太すぎず、細すぎずの太さが良く、目安は眉をメークする時に最も太い部分が、目の縦の幅の半分よりやや細いくらいが美しいと言えます。仕事の時のメークできりっと見せたい場合には、中心から外側に下がる部分に角を持たせますがムードメーカーとなることを望む場合には、黒よりもブラウンやグレーを用いてふんわりと太めに仕上げると優しさのある顔の印象になります。併せて顔のメークアップの色味とバランスを取りながら色を調整して行くと眉毛が目立ち過ぎなくなります。その日の場所や目的、ファッションに合わせて色や描き方に工夫を持たせると一層良いでしょう。

Comments are closed.